ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

【重要なお知らせ】G20サミット開催に伴う関西方面へのヤマト運輸の配達規制についてのお知らせ

当店で利用していますヤマト運輸から下記のお知らせがありました。関西方面でワインのご注文の予定があるお客様はご注意ください。
(誠に勝手ながら当店は6/24、25は連休をいただきますので、規制対象地域へ規制期間前にクール便、お届け日指定でお届けするためには*6/23(日)*が最終出荷になります。)

「G20サミット」に伴う交通規制の影響によるヤマト運輸の配達規制についてのお知らせ
(1)対象地域:大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)
(2)宅急便の「お届け日指定」ならびに「時間帯お届けサービス」の中止
<お届け予定日が6月27日(木)から7月2日(火)の間>
(3)「クール宅急便」「宅急便タイムサービス」を中止
<お届け予定日が6月27日(木)から6月30日(日)の間>


ラ マリオーザ ウニ 2017 750ml

希望小売価格: ¥6,264(税込)
価格: ¥5,152 (税込 ¥5,564)
[ポイント還元 111ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

twitter

偉大な生産者であり研究者であるロレンツォ コリーノの集大成となる「メトド コリーノ」を実践するアントネッラ・マヌーリのラ マリオーザ!ウニは樹齢60年のプロカニコを醸し発酵造られた素晴らしく豊かな味わいのワイン!

ワインの説明

<インポーター資料より転載>

品種:
樹齢60年のプロカニコ

醸造:
ぶどうはすぐに潰さず3日ほど寝かせる。 マレンマの伝統に則り、果実をほとんど潰さない 醸し発酵により、いやな苦みが出ないで 完璧な果汁が出る。ピジャージュは最低限。 発酵は温度管理なしのセメントタンクで 1ヶ月間発酵。その後、大樽で5、6ヶ月熟成。

マリオーザ ビアンコがこの2017年のヴィンテージから“ウニ”になりました! 名前の由来はローマ神話のジュノー。 白の醸し発酵は、マレンマの土地に根付いた伝統的な方法。 収穫後ぶどうはすぐに潰さず3日ほどおいておくことで 果皮にある酵母が発酵の準備を始めます。 その後、果実をほとんど潰さず、醸し発酵でもいやな苦みが出ないで 完璧な果実が出来上がる! 例年より少し甘みを感じるものの、じゅわ~っと広がる旨みがスゴい!

~ラ・マリオーザのワイン~

【栽培】
無農薬、無化学肥料は当然。さらに深い思慮、哲学が息づいている。
1.ぶどうを植えるが、景観は決して壊さない。
2.縦1列にぶどうを植える事はしない。通常収穫効率を上げるためにキレイに1列に植える事が多いが、  起伏に沿って、同じ高さを左右にうねりながら植えていく。  そうすることで段々畑になり、そこにオリーブの木を植えていく。
3.畑の上下により品質は、もちろん変わってきてしまう。  そこで五角形の「アルベレッロ」という植樹法を用いる。
4.同一品種タイプで畑を作らない。  例えばサンジョヴェーゼでも、粒の大小や果皮の色の違いなど、様々なビオディポがある。  それらを混ぜながら植えていく。

【醸造】
1.収穫後のぶどうは、すぐに潰さず3日ほど寝かせる。  簡単に言うと肉の熟成と同じとのこと。  寝かせる事で落ち着く他、数日間放置する事で果皮にある酵母が発酵準備を始める。
2.果実はほとんど潰さない。  こうすることで、長い醸しを行っても嫌な苦味が出ず、複雑さを感じつつも、  完璧なフレッシュな果実味が出る。
3.発酵は温度管理なしのセメントタンクで1ヶ月。全て自然にお任せ。人の介入を極力無くす。  その後、セメントタンク、バリック、大樽などで約1年間熟成をさせる。
4.原則的にSO2は無添加。ごく稀に、必要最小限を加える事がある。

~METODO CORINO メトド・コリーノの発表!~
農業における研究は40年以上、ぶどう栽培の研究も本格的に始めて30年。 共同執筆も含めればぶどう栽培における著書もゆうに90を越える偉大な学者、 ロレンツォ・コリーノ氏。

そんなロレンツォ氏が、この度本人の長年の経験と研究の集大成を 「メトド・コリーノ(METODO CORINO)」という形で発表しました! この独特なメトド(方法)とは、土壌の活力を高めながら、 栽培地の環境を守り、そこで働く人、周辺で暮らす人、 そして消費者の健康までも守ることを目指したもの。

産地がもたらす本来の味をゆがめず、 ワインの自然な変化を妨げるいかなる種類の添加物を入れず、 化学的、物理的な処理も一切行わないというポリシーもメトド・コリーノの一つ。

ロレンツォ先生の経験、偉大な知識の集合体が実践された作品と知って以来、 マリオーザのワインを口にすると、ますます奥行きの深さ、美味しさが染み渡ります。

自身の蔵「カーゼ・コリーニ」以外の全てのお誘いを断ってきたロレンツォ先生。 アントネッラは、人生の目標である「本物の自然を守り残すことへの協力&指揮」を、 マリオーザ農園の畑になる前の小山の頂上で口説いたという。 「私の集大成たるに十分な環境だ」と、先生は初めて依頼を快諾したという。

 

ワイン名: ラ マリオーザ ウニ 2017
造り手: ラ マリオーザ、ロレンツォ・コリーノ&アントネッラ・マヌリ
ヴィンテージ: 2017年
容量: 750ml
味わい: 白辛口 果皮のマセラシオン有
産地: イタリア/トスカーナ
品種: プロカニコ
特徴: ビオディナミ 酸化防止剤無添加
輸入元: BMO

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ページトップへ