ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

【重要なお知らせ】G20サミット開催に伴う関西方面へのヤマト運輸の配達規制についてのお知らせ

当店で利用していますヤマト運輸から下記のお知らせがありました。関西方面でワインのご注文の予定があるお客様はご注意ください。
(誠に勝手ながら当店は6/24、25は連休をいただきますので、規制対象地域へ規制期間前にクール便、お届け日指定でお届けするためには*6/23(日)*が最終出荷になります。)

「G20サミット」に伴う交通規制の影響によるヤマト運輸の配達規制についてのお知らせ
(1)対象地域:大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)
(2)宅急便の「お届け日指定」ならびに「時間帯お届けサービス」の中止
<お届け予定日が6月27日(木)から7月2日(火)の間>
(3)「クール宅急便」「宅急便タイムサービス」を中止
<お届け予定日が6月27日(木)から6月30日(日)の間>


クローチ ヴァルトッラ ヴィーノ ビアンコ 2016 750ml

希望小売価格: ¥3,240(税込)
価格: ¥2,916 (税込 ¥3,149)
[ポイント還元 63ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

twitter

大好きなエミリア=ロマーニャからまた一人、コスパ抜群の造り手が登場!! 30日のマセラシオンを施したヴァルトッラはかなり気合の入った色合いのオレンジワイン!!マルヴァジアの華やかな香りと味わいもいきています!

ワインの説明

テイスティングコメント by me

茶色がかったオレンジ色。
香水、白い花、ジャスミンティー、紅茶、オレンジ、オレンジピール、りんご、桃、ハーブ、どらいふらわーなどの活き活きと華やかな香り。
口に含むとマセラシオンによる果皮のニュアンスと共にマルヴァジアらしい明るく華やかな果実味を持った複雑な味わいが広がります。
オレンジ、桃、りんご、洋梨などのドライな果実味。 酸味は口当たりよく、爽やかな苦みと少し収れん性のあるタンニンがあります。 紅茶、スパイス、ハーブなどのニュアンスが感じられ、後半にかけて味わいは複雑さを増し、マルヴァジア特有の花の香りが口の中にも広がっていきます。 マルヴァジアの華やいだ印象の中に素朴さの残る味わい。 余韻にはタンニンが残ります。

マリアージュ:生ハム、チーズ、カレイの唐揚げ、クミン風味の焼き鳥(羊)、トルコ風豆のサラダ、ムサカ、焼きナス、八宝菜、ゴーヤチャンプルー
お野菜から白い肉まで、色々な料理に幅広く合わせらせそうです!!

(試飲コメント:2018/8/4 抜栓一日目)

--------------------------------------------------

やはり私にはエミリア=ロマーニャのDNAが どこかに入り込んでいるんじゃないかと思いますw

なんかエミリア=ロマーニャのワインが ツボに入るのです!

このクローチもエミリア=ロマーニャ!!

先行してカンペデッロという微発泡を仕入れていて、 特に店頭試飲もせず販売していたのですが、 なぜか店頭でもネットショップでも 良い感じに売れています!!

みんな美味しいワインはわかるんだなー。( *´艸`)

先行のカンペデッロがマルヴァジアなのに対し、 このルビーゴはオルトゥルーゴを使った微発泡。

オルトゥルーゴといえばイル ヴェイ。 そう、イル ヴェイもエミリア=ロマーニャ。 あとはカミッロ ドナーティ! 他にもアルベルト アングイッソラ、イル マイオーロ、 ヴィットーリオ グラツィアーノなど。

皆さんはエミリア=ロマーニャ、好きですか?(#^.^#)

クローチは、1935年もともとこの地で農業を営んでいた ジョゼッペ・クローチがこの土地を購入したことから 歴史が始まります。

当初は酪農等、兼業農家として 生計を立てていましたたが、 80年代よりワイナリーとしての活動を 本格化させていきました。 少量ずつ自社でのボトル詰め、 販売を開始しました。

畑は8.5ha、年間20,000~30,000本の 生産量があります。

当初より有機農法での栽培を 行っていたクロ―チでは、 当たり前の様に自然な飲み心地のワインを醸し リリースしていいます。

畑の標高は260m。 現在は孫にあたるマッシミリアーノと 弟のジョゼッペが志を引き継ぎ、 祖父から伝わる家族の味を守り続けています。

醸造はセメントタンクにて、 白も赤も皮ごと自然酵母のみで醗酵。 冬の間セメントタンクで過ごしたあと、 それぞれの熟成期間の後瓶詰めします。

クロ―チのメインとなるワインはフリッツァンテ。 彼らの土地は土の養分(タンパク質)が不足しており、 酵母の力がとても弱い為、 発酵スピードがとても緩やかになります。

それをセメントタンクで醸造を行うと アルコール発酵の途中で冬が訪れ、 カンティーナの温度が下がると共に、 タンクの温度も下がりやがて発酵は停止します。

そうして冬を越し、 春になりボトル詰めを行います。 次第に暖かくなり、 ワインの温度も上昇すると停止していた酵母が再び動き出し、 瓶の中で二酸化炭素を発生させます。 この土地でこのワインを造る事が運命だったかのような、 この土地でしか出来ない製法を守り続けているのです。

こちらのワインは、発泡のないスティルワインです。 自然酵母にてセメント槽発酵、 30日のマセラシオン。(長い!) セメントタンクにて熟成。

茶色がかったオレンジ色をしたバランスの良さと、マルヴァジアの個性を感じるとてもよくできたオレンジワイン!!





 

ワイン名: クローチ ヴァルトッラ ヴィーノ ビアンコ 2016
造り手: クローチ
ヴィンテージ: 2016年
容量: 750ml
味わい: 白辛口 オレンジワイン
産地: イタリア/エミリア=ロマーニャ
品種: マルヴァジア
特徴: 有機栽培
輸入元: 相模屋本店

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ページトップへ