ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

カンティーナ ジャルディーノ ソフィア 2016 750ml

希望小売価格: ¥4,644(税込)
価格: ¥3,653 (税込 ¥3,945)
[ポイント還元 79ポイント~]
数量:
在庫: 1本

twitter

ヴィナイオータを代表する造り手の一人であり、尽きることのないチャレンジ精神と好奇心を持つカンジャル!!フィアーノを房ごと足で潰して、この畑の土で作られたアンフォラに入れ密封し、半年間の醸し醗酵&熟成!!

ワインの説明

<インポーター資料より転載>

エノーロゴであるアントニオ デ グルットラを中心として、6人の仲間が共同出資して始めたワイナリー。それまでも仲間内の自家消費用にブドウを購入し、2000本程度のワインを醸造していた のだが、タウラージ生産地域のブドウ栽培農家が、新しく畑を仕立て直す農家対象の助成金を得るために高樹齢のブドウを抜いていく現状に危機感を感じた彼らは、2003年からワイナリーとし てのワイン生産を始める。タウラージ生産地域は地価が高く、若い彼らは畑を買うことを断念、信頼の置けるブドウ栽培農家から購入したブドウで生産することに。樹齢の古いブドウ樹は、若い樹 に比べると収量が少なくなるため、ブドウを売って生計を立てている農家としては生産性の高い畑に仕立て直すことは魅力的に思えるわけだが、アントニオは伝統的なブドウ樹の仕立て(ラッジ エラ・アヴェリッネーゼ)、高樹齢の樹などの持つ文化的価値を農家に認識さしてもらおうとしており、あえて歩留まりの悪い高樹齢の樹を守る対価として、市場価格よりも高額でブドウを購入する ようにしている。もともと畑で除草剤などの化学的な薬剤を使用していなかった農家に、草生栽培や無肥料での栽培など、さらに踏み込んだ農法を依頼しより高品質のブドウを生産してもらって おり、それまでは生産したブドウを売っていただけのそれら農家は、アントニオの醸造面、マーケティング面での援助により、自らワインを生産し、ボトリングするまでになっていて、双方にとって有 効かつ建設的な関係が築かれている。すべてのワインは、無清澄、ノンフィルターでボトリングされている。

生産本数が3万本程度なのにもかかわらず、20種類くらいのワインを造るうえに、最近は3リットル&5リットル瓶もリリースさせるなど、インポーター泣かせにも程がある(とはいえ、全アイテムを買っているのは世界中で弊社だけらしいですが…)、カンパーニアのカンティーナ ジャルディーノ、ヴィナイオッティマーナの会場ではTシャツとオリジナル サングラスを販売するという、ワインの造り手らしからぬファンキーな所業に及んでいましたが、ワイン自体はヴィンテージを重ねるごとにより普遍的になってきていると言いますか、「ナチュラルに醸して、酸化防止剤も無添加だったりするので、ほにゃらら…」などというようなエクスキューズの必要のないものになってきている気がします。先日、彼らのワインをオーストラリアに輸入しているジョルジョというイタリア人と話す機会があったのですが、「いやここ最近のやつらのワイン、いつの間にか揮発酸の“き”の字もないようなワインになっちゃっててほんとビックリ!!」だそう(笑)。

トゥトゥ20166:
ガイアとは違う畑のフィアーノ(相模屋さん扱いの造り手のものです!)を2日間醸し醗酵、半量を砂岩質のアンフォラで、残りを桜の樽で1年熟成させた後にブレンド。

 

ワイン名: カンティーナ ジャルディーノ トゥ トゥ 2016
造り手: カンティーナ ジャルディーノ
ヴィンテージ: 2016年
容量: 750ml
味わい: 白辛口 オレンジ
産地: イタリア/カンパーニャ
品種: フィアーノ
特徴: 有機栽培 酸化防止剤無添加
輸入元: ヴィナイオータ

ワインの説明

<インポーター資料より転載>

エノーロゴであるアントニオ デ グルットラを中心として、6人の仲間が共同出資して始めたワイナリー。それまでも仲間内の自家消費用にブドウを購入し、2000本程度のワインを醸造していた のだが、タウラージ生産地域のブドウ栽培農家が、新しく畑を仕立て直す農家対象の助成金を得るために高樹齢のブドウを抜いていく現状に危機感を感じた彼らは、2003年からワイナリーとし てのワイン生産を始める。タウラージ生産地域は地価が高く、若い彼らは畑を買うことを断念、信頼の置けるブドウ栽培農家から購入したブドウで生産することに。樹齢の古いブドウ樹は、若い樹 に比べると収量が少なくなるため、ブドウを売って生計を立てている農家としては生産性の高い畑に仕立て直すことは魅力的に思えるわけだが、アントニオは伝統的なブドウ樹の仕立て(ラッジ エラ・アヴェリッネーゼ)、高樹齢の樹などの持つ文化的価値を農家に認識さしてもらおうとしており、あえて歩留まりの悪い高樹齢の樹を守る対価として、市場価格よりも高額でブドウを購入する ようにしている。もともと畑で除草剤などの化学的な薬剤を使用していなかった農家に、草生栽培や無肥料での栽培など、さらに踏み込んだ農法を依頼しより高品質のブドウを生産してもらって おり、それまでは生産したブドウを売っていただけのそれら農家は、アントニオの醸造面、マーケティング面での援助により、自らワインを生産し、ボトリングするまでになっていて、双方にとって有 効かつ建設的な関係が築かれている。すべてのワインは、無清澄、ノンフィルターでボトリングされている。

生産本数が3万本程度なのにもかかわらず、20種類くらいのワインを造るうえに、最近は3リットル&5リットル瓶もリリースさせるなど、インポーター泣かせにも程がある(とはいえ、全アイテムを買っているのは世界中で弊社だけらしいですが…)、カンパーニアのカンティーナ ジャルディーノ、ヴィナイオッティマーナの会場ではTシャツとオリジナル サングラスを販売するという、ワインの造り手らしからぬファンキーな所業に及んでいましたが、ワイン自体はヴィンテージを重ねるごとにより普遍的になってきていると言いますか、「ナチュラルに醸して、酸化防止剤も無添加だったりするので、ほにゃらら…」などというようなエクスキューズの必要のないものになってきている気がします。先日、彼らのワインをオーストラリアに輸入しているジョルジョというイタリア人と話す機会があったのですが、「いやここ最近のやつらのワイン、いつの間にか揮発酸の“き”の字もないようなワインになっちゃっててほんとビックリ!!」だそう(笑)。

ソフィア 2016:
フィアーノを房ごと足で潰してアンフォラに入れ密封、半年間の醸し醗酵&熟成ののちボトリング。使用されているアンフォラは、このワインに使われているフィアーノの畑の土で作られたもの。

 

ワイン名: カンティーナ ジャルディーノ ソフィア 2016
造り手: カンティーナ ジャルディーノ
ヴィンテージ: 2016年
容量: 750ml
味わい: 白辛口 オレンジ
産地: イタリア/カンパーニャ
品種: フィアーノ
特徴: 有機栽培 酸化防止剤無添加
輸入元: ヴィナイオータ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ページトップへ