ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

リヴァトン トンベ デュ シエル 2015 750ml

希望小売価格: ¥2,970(税込)
価格: ¥2,584 (税込 ¥2,842)
[ポイント還元 57ポイント~]
数量:
在庫: 4本

twitter

しっかりとワインが安定するまでインポーターさんが寝かせたリヴァトン2015赤がリリースされました!ナチュラルな味わいの中に南仏らしいエキゾチックな妖艶さ、そして落ち着きを感じるクラシックなスタイルが融合した1本!

ワインの説明

<テイスティングコメント by me>

軽くオレンジがかったルビー色。
ダークチェリー、カシス、イチジク、ドライプルーン、スパイス、アニス、シナモン、漢方薬、赤い花、枯葉、土などの落ち着きを感じるエキゾチックな香り。
口に含むとバランスの良い酸味と滑らかなタンニン、そして少し熟成の風味が出始めた艶やかな果実の味わいが広がります。
ダークチェリー、カシス、イチジク、ドライプルーンなどのドライな果実味。 綺麗な酸味はバランスよく、程よいタンニンは滑らか。 バラの香りやシナモンやアニスなどのエキゾチックなスパイスの風味が口の中に豊かに広がり、 同時にミネラル、枯葉、土、海藻などのニュアンスが複雑かつクラシックな印象を与えます。 雑味なく余韻も綺麗。

ナチュラルな味わいの中に南仏らしいエキゾチックな妖艶さ、そして落ち着きを感じるクラシックなスタイルが融合した1本! 軽やかさも残しつつ、抜栓三日目、より深みが出てきています!

(2021.2.15 抜栓三日目)

<インポーター資料より転載>

「この地で素晴らしいワインが造れないなら、自分に才能は無い」

南フランス ルーション地方、フレデリック リヴァトンがこの乾いた大地にやって来たのは2004年。かつては酒精強化したワイン、リヴザルトの産地として栄えたこの地域も現在ではすっかり寂れてしまい、地元の協同組合などもバタバタと倒産しています。その一方で、高い樹齢を誇るブドウ畑の多くが売りに出され、この地での過酷な仕事を覚悟した人だけが、宝石のような畑を手に入れ、ワイン造りに挑戦することができます。フレデリック リヴァトンもその一人。暑く乾燥した大地からみずみずしくエネルギーに満ち溢れるワインを生み出しています。

もともとフランス東部、スイス国境に接するフランシュ=コンテ地方にルーツを持つフレデリック リヴァトン。そんな彼が生まれ育った土地を離れ、ルーションという土地を選んだ理由はやはり、樹齢100年近いブドウが植わる畑があったからだと言います。この地に馴染みがあったわけではなかった彼が、過酷な気候の大地にしっかりと根付く高い樹齢のブドウ樹たちを目にした時「この場所で、このブドウで、素晴らしいワインが造れないとしたら自分に才能が無いと言うことだ」と強い信念と決意を持って、自身のワイン造りをスタートさせました。

フレデリック リヴァトンは現在、10.5haほどのブドウ畑に加えて3〜4haほどの土地で養蜂や羊の飼育も行っています。栽培に関しては2010年よりビオディナミを取り入れ(2004〜2009年ビオロジック栽培)、除草剤や化学肥料などを用いずに活力溢れるブドウを収穫するために工夫を重ねています。 2016年には、念願の新セラーが完成。石とコンクリートのみで組み上げられたセラーは、灼熱の太陽が降り注ぐルーションでも保温、保湿が維持され、理想の環境を手に入れました。天然由来の物以外を使いたくない、キュヴェによっては長期熟成が必要との理由から、ファイバータンクを使わず、コンクリートタンクを使用。瓶詰時にもポンプを使用せずに重力を利用するなどワインに負荷を与えない方法で醸造を行っています。 なお、酸化防止剤となる亜硫酸は発酵前に少量添加し、熟成中や瓶詰め時には添加致しません。

「リヴァトンは美味しいんだけれど、不安定になりがちだよね...」とお嘆きの皆様、お待たせ致しました。その素晴らしいクオリティを最大限に引き出すために、寝かせに寝かせ、安定し素晴らしい状態に変貌した5アイテムのご案内です!

<VdF Tombe du Ciel NV2015 / VdF トンベ デュ シエル NV2015>
産地:フランス ルーション地方
品種:カリニャン、シラー
樹齢45年、30ha/L。以前は若い樹齢の葡萄で造られていた、スタンダードキュヴェ的な扱いでしたが、古い樹齢の葡萄をブレンド出来るようになり、昨今一段とクオリティが上がったキュヴェ。キュヴェ名は「空から落ちた」という意味ですが、「大したことをしなくても美味しいワインは出来る」や「棚からぼた餅」という意味合いも含まれています。
除梗した後、5日間マセレーション。彼の持つ畑の中では最も北に位置しており、酸とミネラルがハッキリとした形で表現される区画。ここで収穫されるシラーは甘草のニュアンスが強く出る、典型的なシラーを感じることが出来ます。
黒っぽく感じられる程の濃いガーネット色の外観。抜栓直後には漢方薬や極若干の除光液っぽさもありますが、直ぐに消えます。徐々にブラックベリーやカシスの煮詰めたニュアンスやカカオの強いダークチョコレート、タイムの様なハーブと言った複雑なニュアンスが立ち上ります。味わいは非常にドライで、ベタッとした質感が無いので、料理と合わせても、ワイン単体でも楽しめる味わいに仕上がっています。丸いタンニンと酸、ミネラルがエレガントな質感を感じさせつつ、アフターに南仏っぽいグッと来る厚みのある果実を感じることが出来ます。質の高い酸が豊富に有るため、重たいワインではなく、毎日でも飲めるようなエレガント系赤ワインとなっています。
2日目以降は果実感が若干下がりますが、味わいのバランスは良好。一瞬マメるかも?と思わせるニュアンスがありますが、結果的に不安定さが出る事はなく、十分楽しむことが出来ます。

 

ワイン名: リヴァトン トンベ デュ シエル 2015
造り手: リヴァトン、フレデリック リヴァトン
ヴィンテージ: 2015年
容量: 750ml
味わい: 赤ミディアムボディ
産地: フランス/ラングドック=ルーション
品種: カリニャン、シラー
特徴: ビオディナミ
輸入元: 野村ユニソン


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ