ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

フォン シプレ ルトゥール ド ミラン 2019 750ml

希望小売価格: ¥5,500(税込)
価格: ¥4,785 (税込 ¥5,264)
[ポイント還元 105ポイント~]
数量:
在庫: 1本

twitter

ここ数年醸すワインのクオリティが非常に高くなっていると感じるフォン シプレ!香り高くスパイシーで、海藻や潮の旨味、そして紅茶のような優しいタンニンが上品なミュスカを用いたオレンジ!長期マセラシオン6ヶ月実施!

ワインの説明

<インポーター資料より転載>

ドメーヌの当主であるレティシアは(写真右)、2004年に父親と一緒にシャトー・フォン・シプレを立ち上げる。 2005年、夫ロドルフ・ジャネジニ(写真左)を通じてフレデリック・コサールと知り合い、シャソルネイ・デュ・スッドのコラボワインをリリースする。2人はフレデリック・コサールの教えを習得しつつ、徐々に独自のスタイルを確立して行く。そして2018年フレッドとのコラボを卒業し、フォン・シプレとしてS、Gをリリース。

<VdF ルトゥール・ド・ミラン2019(マセラシオン白)名称の変更あり>
前年までデリール・デ・ファゴの名称でリリースされていたミュスカ・プティ・グレンのマセラシオン白。Fagotはフランス語では束柴(たばねしば)の意味で、デリール・デ・ファゴは束柴の後ろに隠しておきたいくらい「とっておきのもの」という成句なのだが、英語になるとFagotは差別的な用語としてとらえられてしまう可能性があるということがわかり、急遽2019年から名称を変更した。今回の新しい名前のルトゥール・ド・ミランは、マセラシオンのワインをつくるきっかけとなったミランのワインサロンからアイデアを得ている。2015年にミランで行われたワインサロンにフォン・シプレが参加し、その時にイタリアのミュスカのマセラシオンワインに多く触れ感銘を受け、「自分たちもつくれるかもしれない!」とアイデアを持ち帰りつくり上げたことから、Retour de Millan(ミランからの帰途)という名前にしたそうだ。つくり方は基本的に前年と同じだが、マセラシオンの期間を今回は6ヶ月とかなり長めにとっている。(ちなみに前年は3ヶ月弱だった)。出来上がったワインは、香り高くスパイシーで、新生姜のような優しい辛みと海藻や潮のような旨味、そして紅茶のような優しいタンニンがアルコールを感じる上品なエキスの中で複雑に合い舞う!レティシア曰く、スパイシーでオリエンタルな料理と相性が良いとのこと!個人的には中華やベトナムや、甘いものなら杏仁豆腐などとも合いそうな気がする!

オレンジ、キンカン、キンモクセイ、ジャスミン、ヴェルヴェンヌ、紅茶、コアントローの香り。ワインはスマートかつスパイシーで力強く、透明感のある凝縮したエキスの中にオレンジピールのような苦みや紅茶のようなやさしいタンニンなどが複雑に合う舞う!

 

ワイン名: フォン シプレ ルトゥール ド ミラン 2019
造り手: フォン シプレ、レティシア・ウリヤック
ヴィンテージ: 2019年
容量: 750ml
味わい: 白辛口、オレンジワイン(マセラシオン有)
産地: フランス/ラングドック=ルーション
品種: ミュスカプティグレン85%、ル・ブラン・デ・ガレンヌ2019年15%
特徴: 有機栽培 酸化防止剤無添加
輸入元: ヴァンクゥール


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ