ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

シャソルネイ サン ロマン ルージュ スー ロッシュ 2018 750ml

希望小売価格: ¥7,700(税込)
価格: ¥6,700 (税込 ¥7,370)
[ポイント還元 147ポイント~]
数量:
在庫: 2本

twitter

将来的に樽の使用を止めるという大きな決断をしたフレデリック コサール!スー・ロッシュは分厚い石灰岩層が続く区画!2018は卵型セメントタンクとジョージアに特注したクヴェヴリの二つのスタイルがあり、こちらはピュアな味わいを引き出すため樽は使用せず卵型セメントタンクを使用したキュヴェ!

ワインの説明

<インポーター資料より転載>

現オーナーのフレデリック・コサールは1987年から10 年間ブルゴーニュワインのクルティエとして働き、1996 年ドメーヌシャソルネイを立ち上げる。2005年、新たに ワイン醸造所を建設し、その翌年にネゴシアン・フレデ リック・コサールをスタートし現在に至る。

<新たな挑戦>
太陽を感じる重厚な果実味とスマートな骨格が長熟を予感させる、品質と適正収量に恵まれたグレートヴィンテージ!クヴェヴリ・卵型タンクでの挑戦がついに始動!!

地球環境を考慮し将来的に樽の使用を止める方向に舵を切るフレッドは、今回初めて熟成に新樽を一切使用しなかった。また、並行して今回から新しく樽に代わる熟成にクヴェヴリと卵型セメントタンクを導入した。ブルゴーニュワインを知り尽くしたフレッド。彼自身樽で熟成させたブルゴーニュワインの伝統的なスタイルの魅力も認めているが、以前から樽の効用について疑問と熟慮を重ねていたようだ。元々はワインの輸送手段として使われていた樽。それが今は樽がワインの価値を決める異常な状況に疑問を呈した彼は、現在起こっている森林伐採による気候の変動と相まって、近年樽に対する憂慮が強まった。そんな中2017年の冬、彼はワイン文化の起源であるジョージアを訪問し、そこで多くの生産者に出会い、クヴェヴリで仕込んだワインに文字通り恋に落ちた。フレッド曰く、樽の味わいにマスクされないミネラル溢れるピュアなワインを飲んで体に電撃が走ったようだ。更なるテロワールの表現のため、樽に代わる熟成手段を探していた彼にとってクヴェヴリはまさに奇跡の出会いだった。樽に代わる容器としてすでに卵型セメントタンクは候補にあったが、そこにクヴェヴリが加わった。その場ですぐに行動に移し、ジョージアの有名な作り手に特注し、ステンレスの蓋ができる950リットル~1400リットルのクヴェヴリを10壺購入。またジョージアのスタイルをリスペクトし、クヴェヴリがすっぽり地中に埋まる盛り土と石積みの壁をわざわざカーヴ内に施した。一方、卵型セメントタンクについては、今ある最小規格の17hlを購入し、今回は量のあるビゴット、ブドー、サン・ロマン赤、ヴヴレーで試験的に試してみた。今後はオーダーメイドにより各キュヴェの量に合わせた卵型セメントタンクを仕入れ、最終的に樽の使用を止める方向で考えている。

<サン ロマン ルージュ スー ロッシュ 2018(赤)>
収穫日は2018年9月13日、14日。収量は45 hL/ha!スー・ロッシュは区画名で名前の通り薄い表層土のすぐ下を分厚い石灰岩層が続く。畑面積は1.2 ha。ピュアな味わいを引き出すため樽は使用せず卵型セメントタンクを使用!(前年は新樽20%、古樽80%を使用)

フランボワーズ、グロゼイユ、ザクロ、メロン、バラ、シソ、ザワークラウト、鉱石の香り。ワインはみずみずしく滑らかで、ダシのように染み入るような果実味の旨味とほんのりビターで滋味深いミネラル、繊細なタンニンが複雑なハーモニーを奏でる!

 

ワイン名: シャソルネイ サン ロマン ルージュ スー ロッシュ 2018
造り手: シャソルネイ、フレデリック コサール
ヴィンテージ: 2018年
容量: 750ml
味わい: 赤ミディアムボディ
産地: フランス/ブルゴーニュ
品種: ピノ・ノワール
特徴: ビオディナミ 酸化防止剤無添加 卵型セメントタンクを使用
輸入元: ヴァンクゥール


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ