ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

テッレ ディ ピエトラ ピッコラ ペステ 2018 750ml

希望小売価格: ¥2,860(税込)
価格: ¥2,488 (税込 ¥2,737)
[ポイント還元 55ポイント~]
数量:
在庫: 6本

twitter

テッレ ディ ピエトラは伊ヴェネトの造り手!共に自然なワイン造りを目指した妻を亡くしたクリスチアーノが可愛い娘達と頑張っています!毎日飲んでも飽きないチャーミングな果実味と優しい旨味が美味しいミディアムボディ!

ワインの説明

<テイスティングコメント by me>

明るく透明感のある赤。
いちご、さくらんぼ、ラズベリー、ほのかにスパイス、ミネラルを感じるピュアでチャーミングな香り。 抜栓直後は少し還元しています。
口に含むと活き活きとエアリー、同時に繊細なバランスをもったピュアな果実味が広がります。
いちご、さくらんぼ、ラズベリーなどのかろやかでドライな果実味。 酸味はフレッシュで、控えめなタンニンはチャーミングな果実味を引き立てます。 ほのかなスパイスの風味と優しい旨味が味わいを彩り、 すっきりとしたフィニッシュへ導きます。 余韻もピュア。

チャーミングな果実味と優しい旨味が美味しいミディアムボディ! スルスル飲める軽やかな飲み心地!

(2020.6.15 抜栓二日目)

<インポーター資料より転載>

農業を営む家に生まれたクリスティアーノとラウラ。二人は偶然と必然の如く出会い、そして歩み寄り、夫婦となり共に葡萄農家を志し、歩み始めました。それぞれの親が所有していた畑を引き継ぎ、当初は妻ラウラがワイナリーを、クリスティアーノは別の仕事をして一家は生計を立てていました。2004年から始まったラウラの葡萄農家への挑戦。年々その品質が向上して行き、2007年には初めてのボトリングを行います。試行錯誤をしながら、自分たちのワインが向かうべき【所】へと舵を切り、おのずと夫クリスティアーノも彼女の志と共にする事を選んでいきました。

僕が彼ら夫婦と出会ったのが丁度その頃、2015年の春のヴィニタリーでした。そしてそのダサいラベルの、、、(昔ステラーというワインがありました)何とも言い難い微妙な感じのValpolicellaとの出会いが、僕のワインの概念を大きく変えてくれたと言っても過言ではありません。そのワインはとても飲み辛く、心地よくなく、派手なワインだったのです。しかし不思議な事に、飲み進めるうちに、その奥にある葡萄のエキス、葡萄のポテンシャル、【希望】とでも言い現わせる様なものをその時、確かに感じていました。明らかな多量な亜硫酸、飲みにくさを感じていたのにも関わらず、彼らのワインは、それを凌駕するほどの【親しみ易さ】を持っていたのです。

そもそも、世界的にも有名なバーカロ発祥の地ヴェネツィアがあるヴェネト州は、日常的にワインを楽しむ、いわば酒場の町。そんな酒場の町で飲まれるワインは彼らの日常であり、生き方でありました。僕のヴェネトのワインのイメージはその通りの【日常】であり、親しみ易いワインの代名詞を創造させるものでした。そんなワインをいつも心のどこかで追い求めていた中での彼らとの出会い、、、しかし彼らのワインは、僕が追い求めている様な、決して飲み心地の良いワインでは無かったので、とても迷いました。そしてじっくりと話をしました。彼らがどこへ向かいたいのかを、、、そんな僕の問いに彼ら夫婦は、真っ向から真摯に向き合ってくれました。

彼らは自分たちのワインの可能性を信じ、亜硫酸や酵母に頼らないワイン造りへと挑戦していく事を約束してくれたのです。そうして共に歩み始めた矢先に訪れた、妻ラウラの突然の病死。。。クリスティアーノは、深い悲しみを背負いながら、彼女の想いも共に葡萄栽培とワイン醸造を続けていく事を決意します。あれから3年もの月日が流れ、彼らのワインは見違える程に心地よく、柔らかい味わいに変わっていきます。

今回僕の会社óltreのスタートにあたっても、クリスティアーノと、この次に紹介するアンゴルダミグのマルコ(また次回以降にご紹介する予定の2蔵ももちろんですが)は、即座に手を挙げてくれた友であり、信頼のおけるパートナーです。

アマローネだけじゃない、ヴェネトの日常にある素敵なワインこそが、この土地のワインの神髄だと感じています。クリスティアーノとラウラのワインを自分がこれから先、日本の皆さんへご紹介出来る事は、最高の喜びであり、僕自身の最高の幸せと感じています。

<ピッコラペステ 2018>
当初リリースしていたヴァルポリチェッラ・ステラーをあえてロッソ・ヴェロネーゼにすることで、より気軽に、多くの規定を気にする事無く楽しんでもらえるように作られたワインです。彼の畑の中でも比較的樹齢の若いコルヴィーナ60%ロンディネッラ25%モリナーラ15%で作られます。ステンレスタンクにて自然酵母のみで発酵します。約2週間のマセレーション。熟成もステンレスタンクにて行い、ノンフィルター・亜硫酸無添加にてボトル詰め。親しみ易さの極であるヴェロネーゼの赤で、これほどまでに心地の良いワインを僕はしりません。毎日飲んでも飽きない、常に傍らに置いておきたい至福のワインです。

 

ワイン名: テッレ ディ ピエトラ ピッコラ ペステ 2018
造り手: テッレ ディ ピエトラ
ヴィンテージ: 2018年
容量: 750ml
味わい: 赤ミディアムボディ
産地: イタリア/ヴェネト
品種: コルヴィーナ60%、ロンディネッラ25%、モリナーラ15%
特徴: 有機栽培、酸化防止剤無添加
輸入元: オルトレ・相模屋本店


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ