ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

ルーシー コロンバン ピノ ブラン ジャルダン デ ロピタル 2018 750ml

希望小売価格: ¥4,290(税込)
価格: ¥3,422 (税込 ¥3,764)
[ポイント還元 75ポイント~]
数量:
在庫: 4本

twitter

ヴィナイオータの新規取り扱いアルザスはあのブルーノ シュレールの醸すワイン!ブルーノの幼馴染の叔母さん(ルーシー コロンバン)の素晴らしい畑のブドウを用い造られます!よく熟した圧倒的に濃密な果実味!中甘口~甘口

ワインの説明

<インポーター資料より転載>

ルーシー コロンバンは、ブルーノの幼馴染でもあるエリック コロンバンの叔母さんの名前で、ルーシーは1980年代まで彼女の名前を冠したワイナリーを経営していた。コロンバン家の誰も継ぐ意思がなかったということもあり、ワイナリーは廃業、彼らが所有する畑は貸しに出されていたが、2017年の契約が切れるタイミングでブルーノが手を挙げる。コロンバン家が所有する畑の中には、プェルシックベルグのゲヴュルツトラミネール、アイヒベルグのピノ グリ、シャン デ ゾワゾーのリースリングなど、ブルーノ的には垂涎の的なものがあり...。恐らくですが、近所からのやっかみには既に事欠かなかったブルーノ(笑)、そんな良い条件の畑を独り占めして更にやっかまれるのも嫌だったという事情と、コロンバン家に対する敬意を融合させるべく、エリックとエリックの兄弟と一緒に、ルーシー コロンバンという名の会社を立ち上げる。そしてエリックは、ルーシー コロンバンの役員であるのと同時に、ジェラール シュレールの従業員となり、シュレール家とコロンバン家の畑での作業に従事、カガミケンジローが抜けた穴をなかなか埋められずにいたブルーノ的にも大助かりで、彼自身セラーでの仕事に集中できるように。

<ピノ ブラン ジャルダン デ ロピタル>
もともと病院があった土地の目の前にある区画のピノ ブラン。若干の残糖あり。酷暑で酵母が活発でなかったためか、アルコール醗酵が途中で止まり、バクテリア(乳酸菌)が糖分を食べて揮発酸を生成した跡が…。時間の経過とともに酸-甘味のバランスが取れてくるかと…。

 

ワイン名: ルーシー コロンバン ピノ ブラン ジャルダン デ ロピタル 2018
造り手: ルーシー コロンバン、ブルーノ シュレール
ヴィンテージ: 2018年
容量: 750ml
味わい: 白中甘口~甘口
産地: フランス/アルザス
品種: ピノ ブラン
特徴: 有機栽培
輸入元: ヴィナイオータ


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ