ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

レ ジャルダン ド テゼィ ガメイ ジャルダン ド ラ グランド ピエス 2017 750ml

希望小売価格: ¥3,630(税込)
価格: ¥3,115 (税込 ¥3,427)
[ポイント還元 69ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

twitter

引退をしたテゼ村のビオディナミのパイオニア、ブルーノ アリオンの素晴らしい畑を引き継いだカップルのワインが日本初入荷!素晴らしくピュアな味わいの中に果実の力強さを感じるガメイ!これから旨味がぐっと出てきそう!

ワインの説明

<インポーター資料より転載>

私がワインを造っているPouiile(プイエ)という村の対岸にThesse(テゼ)という村があります。同じAOC Touraineですが、Cher河を挟んで北がテゼ村・南が私のプイエ村、近いのにやっぱり気候・土壌が違います。そこにビオディナミ実践者としてMichel Augeと同じくパイオニアだったBruno Allion氏という生産者がおります。ブドウ畑は勿論、その他の野菜や果物も無農薬に拘り続け、この辺では知らない人はいない程の有名人です。Domaine des Bois Lucasは2002年と2003年、このブルノの醸造所を借りてワイン造りをしました。お陰様で2004年からはChene Gauthierという場所に醸造所を見つける事が出来たので、ずっとそこで造っていましたが、ブルノの醸造所は私には忘れられない思い出が沢山詰まった所なのです。

そのビオディナミの大先輩のブルノがリタイヤに伴いワイン造りを辞める事を決めました。地元では、あの素晴らしい畑を誰が買うのだろうか?という話題で持ちきり。とっても良い状態ですから誰でも欲しがります。でもブルノが納得した人だけが引き継ぐ事が出来るのです。その矢が当たったのは何とフランス人ではありません。カナダ人とフランス人のカップルです。ご主人のPaul Andre Risseポール・アンドレ・リス氏は1976年、ストラスブールに生まれたフランス人。パリの大学院を卒業した後、カナダの大学院に留学します。5年半カナダに住みましたが、そこで奥様と出会います。彼女はカナダのケベック生まれ、大都会に生まれましたがワイン造りをしたくて、2012年フランス・モンペリエ大学で醸造学を学びます。2014年イタリアのピエモンテでワインの勉強をしてマスターを取得。2015年カナダに戻りワイナリーに勤めました。その時に2人は出会います。2人は一緒にワインを造る事を決意、フランスに出発、2016年ボルドーのシャトーパルメで4月から9月まで働きました。しかしフランスでナチュラルワインに出会い、やはりナチュラルワインを造りたい!と2016年の秋に2人はANJOUのMarc Angeliの所で収穫を手伝いました。Marc にロワールでワインを造りたいと相談したところ、ブルノを紹介され、2017年2人はブルノの所を手伝います。ブルノも彼らを認め、彼らに20年以上ビオディナミで大切に守ってきた畑を委ねる事を決意。こうやって同じ魂を持った人にバトンタッチをしたのです。

<Gamay Jardin de la Grande Pieceガメイ ジャルダン ド ラ グランド ピエス17>
シェール河流域のテゼ村から初登場です。ガメイを80%除梗しグラスファイバータンクで発酵、プレスし果汁と一緒に木樽で発酵、そのまま熟成しました。粘性豊かなピンクパープルレッドの外観、ブラックペッパーの奥にイチゴやフランボワーズの香り、ピュアなアタックに高めの酸を伴う爽やかな味わいが続きます。今後時間と共ににじわっと溢れてくる旨味の登場が楽しみです。

 

ワイン名: レ ジャルダン ド テゼィ ガメイ ジャルダン ド ラ グランド ピエス 2017
造り手: レ ジャルダン ド テゼィ
ヴィンテージ: 2017年
容量: 750ml
味わい: 赤ミディアムボディ
産地: フランス/ロワール
品種: ガメイ
特徴: ビオディナミ 酸化防止剤無添加
輸入元: ディオニー


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ