ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

<消費税率変更に伴うお知らせ(送料・手数料の改定を含む)>
詳細はこちらのページをご覧くださいませ。


mitosaya薬草園蒸留所 ISUMI KOSUI PEAR 500ml (※送料無料対象外)

価格: ¥10,000 (税込 ¥11,000)
数量:
在庫: 在庫切れ

twitter

千葉県に誕生したmitosaya薬草園蒸留所のオードヴィが少量入荷!ついに誕生した木桶仕込みです。いすみ地域の幸水を砕いて木桶に入れ発酵させ、約一ヶ月後蒸留。軽やかで甘い梨のブランデーに、桶由来の杉がしっかり香ります!

※こちらの商品はポイント付与、送料無料対象外です。何卒ご了承くださいませ。


製品の説明

<生産者資料より転載>

房総半島のほぼ中央に位置し、自然と歴史とが共存する町、千葉県大多喜町。「房総の小江戸」とも呼ばれる城下町でもあり、緑豊かなこの地の広大な森の中にmitosaya薬草園蒸留所はあります。

この場所にはもともと薬草に特化した植物園がありました。1987年に設立された千葉県立薬草園は、16,000㎡の敷地に約500種類の薬用植物が植えられ、さらに500種類を超える生薬標本を備え、薬用植物の正しい知識の普及を目的に運営されました。その後、大多喜町に薬草園は譲渡された後、2015年末に一旦その役目を終え閉園しました。

一方、mitosaya代表の江口は、南ドイツの蒸留所、Stählemühle(ステーレミューレ)で蒸留家クリストフ・ケラー氏の元で蒸留技術を学びました。2005年に設立されたステーレミューレは、2018年に閉鎖されるまで、豊かな自然環境と、クリストフ・ケラーの熱心な研究によって、伝統的なフルーツブランデー・ハーブスピリッツの世界を革新し続けてきました。2016年に帰国した江口は、日本のフルーツや植物を原料に蒸留酒を作る場所を探し全国を回りました。

ご存知の通り、日本には南から北まで素晴らしい果物・植物の生産地があり、それぞれの個性があります。そんな中で出会ったのが、この薬草園跡地でした。植生される植物には、漢方や生薬の材料になるようなものもあれば、香りや染料の原料になるもの、果樹や野菜もあります。これらを原料にした蒸留酒を作るには最高の環境です。大多喜町から薬草園跡地を借り受けた私たちは、この場所を「mitosaya 薬草園蒸留所」と名付けました。

薬草園の施設を改修し、敷地内で栽培している植物と日本全国の優れた果実などを原料に用いた蒸留酒、オー・ド・ビーを作る蒸留所として、2018年11月に酒造免許を取得しました。

mitosayaでは、加工、醸造、蒸留といった蒸留酒作りの一連の流れを手をかけたやり方で行っています。多種多様な植物は自分たちで栽培するだけではなく、提携農家や果樹園で収穫したものや、山に入り自然のものを使うこともあります。できるだけ自然に近いものを使うことで、より豊かな味わいが引き出せると考えています。

また、これまで蒸留酒で使われることのなかった材料を積極的に用いた蒸留酒やプロダクトづくりを行います。

全ては果物や植物の魅力を純度高く、香り豊かに引き出したいという考えから行っています。

オー・ド・ビーの本場であるヨーロッパだけでなく、アジアなど海外への展開も積極的に行う予定です。

<ISUMI KOSUI PEAR
The First Batch in Kioke Barrel>
mitosayaの醸造室の中央に鎮座する大きな木桶。中に入っているものを聞かれ、何も入っていないんですと答えて、がっかりされる、というやりとりを何度もしてきました。

なかなか中に入れられないのは理由があって、一つはその大きさ。木桶の直径は約160cm、高さも180cmあり、容積は3000L近くあります。つまり相当な量で仕込まないといけないのですが、そんな量の仕入れはなかなかありません。

もう一つは木桶であるということ。ステンレスやFRPのタンクとは異なり、吉野杉と真竹でできた木桶にはどんな菌がいて、どのように発酵するかわかりません。つまり、今までやったことのない量を、やったことのない環境で仕込むという度胸が必要になります。(それがなかった)

とはいえ、最初に仕込むものは考えていて、それは梨。

千葉といえば梨で、特に大多喜から流れる夷隅川沿い、外房の太平洋のそばに位置するいすみ市岬地域は、なだらかで日当たりのいい地形に、海沿いの温暖な気候が組み合わさって、甘くてみずみずしい梨を栽培するには最適の場所です。

この場所で梨農園を営む、関梨園の関さんが、周りの生産者に声をかけてくれ梨を集めてくれることになりました。

お盆の前、最後の収穫のタイミングでそれぞれの生産者が収穫してくれた幸水。コンテナに入れてもらったものを順に引き取ったところ、その量なんと2トン。

問題はそこからで、都合よく(悪く)夏休み中の江口に代わって、スタッフ&助っ人総出で、洗って、砕いて、小さなタンクに入れたのちに、バケツリレーで木桶に入れます。

書けば簡単ですが、それを手作業でやるのだから果てしない工程です。二日がかりですべての梨を木桶に入れました。

暑さも厳しく、一気に発酵が進むのが怖いところですが、他の菌の影響も考えて安全のために酵母を添加して発酵させます。約一ヶ月後蒸留を行いました。

ちょうどヤマロク醤油の山本さんが訪問してくれたタイミングで、蒸留機から出てきたものを一緒にテイスティング。予想以上に木桶! ついに誕生した木桶仕込みです。

軽やかで甘い梨のブランデーに、桶由来の杉がしっかり香る、初仕込みだからできた最初で最後のバランスをぜひ体験ください。

品目:ブランデー
原材料:梨(幸水)
アルコール度数:42%

 

ワイン名: mitosaya薬草園蒸留所 ISUMI KOSUI PEAR 500ml
造り手: mitosaya薬草園蒸留所
容量: 500ml
品目: ブランデー
原材料: 梨(幸水)
アルコール度数: 42%
産地: 日本/千葉県


クレジットカード決済が対象です

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ