ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

【再入荷】 マス ド レスカリダ ソプレ エ ジョイオス 2018 750ml

希望小売価格: ¥3,080(税込)
価格: ¥2,643 (税込 ¥2,907)
[ポイント還元 58ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

twitter

有機栽培コンサルタントだったローラン・フェルの立上げたローヌ自然派マス ド レスカリダ!キュヴェ名はオクシタン語で“優しくて、陽気”という意味!優しく可憐な飲み心地と凝縮したナチュラルな旨味が美味しいガメイ!!

ワインの説明

<テイスティングコメント by me>
中程度の濃さの赤みがかった紫色。
チェリー、さくらんぼ、プラム、赤い花、クローブ、スパイスなどの旨味を感じるナチュラルな香り。軽く還元のニュアンスもあります。
口に含むと滑らかなタンニンを持った可憐で優しい味わいの中に凝縮した旨味と果実のエキスを感じます。
チェリー、さくらんぼ、プラム、イチゴ、かすかにイチジクなどの果実味。 酸味は口当たりよくフィニッシュかけて存在感を増し、中程度のタンニンは滑らか。 アタックの後ナチュラルな旨味が溶け出し、和風の出汁の風味を感じます。 続くクローブなどのスパイスやほんの微かな肉のニュアンスなどが味わいに変化を与えています。 余韻には酸味と旨味が長く残ります。

優しく可憐な飲み心地とギュッと凝縮した旨味が美味しいミディアムボディ! 美味しい!

(2020.2.23 抜栓二日目)

<インポーター資料より転載>

新たなヴィニュロンの群雄割拠が目覚ましいローヌ地方アルデッシュ地区。 ル・マゼルのジェラール・ウストリック、ジル・アゾーニといったアルデッシュ地区の先駆者に導かれるように新星のような造り手が次々と誕生しています。 オクシタン語で“運命の家”を意味するマス・ド・レスカリダ。

ローラン・フェル氏はまさに運命に導かれたヴィニュロンなのです。 アルプス出身のローラン氏は元々ワイン造りに携わる家系ではありませんでした。大学卒業後、得意のフィールドワークを生かして地図製作者として活躍していました。 2004年、奥さんの仕事の都合でアルデッシュに越してきたが大きな転機となります。葡萄畑での収穫を経験したローラン氏は一念発起し、ボルドー大学へ葡萄栽培学と農業を学び、2006年には農業エンジニアの資格を取得しました。

アルデッシュに戻ったローラン氏は、その知性と行動力を持って農業領事議会で葡萄畑の有機栽培コンサルタントとなったのです。 ジェローム・ジュレ、ジル・アゾーニ、ル・マゼル、レ・ドゥー・テール…アルデッシュで自然なワイン造りを志す造り手たちと交流を深めるうちに、栽培だけではなく自らのワイン造りの夢が芽生えてきたのはごく自然なことでした。

ローラン氏は自然な葡萄栽培の第一人者ですが、醸造は未経験。栽培コンサルタントの仕事を通じてジェローム・ジュレといった造り手たちから醸造を学びました。 2012年、アルデッシュ南端サニヤックの3.2ヘクタールを買い取り、マス・ド・レスカリダは産声を上げました。

醸造所もなく、道具もない中、コンサルタントの仕事と並行してワインを造り始めます。 当初は道具を借り、小さなタンクを買って自宅でワインを造っていました。当然、葡萄はすべて醸造出来ないため、一部を除いては農協に売っていました。 2014年、コンサルタントの仕事を辞してワイン造りに専念。そして2015年、念願の醸造所を設立し、初めて全て自らの手でワインをリリースすることとなったのです。 地図製作のフィールドワークが育んだ畑の観察力、エンジニアの資格取得後に栽培コンサルタントを務める知性。 アルデッシュに新たな綺羅星が誕生しました。

●ワイン造りの哲学●
ローラン氏の一番の哲学はテロワールをワインに表現したいことです。 サニヤック村のテロワールはとにかくミネラル感、フレッシュ感、酸味、飲みやすさ、旨みが特徴的です。 その味わいを素直に反映させるために、できるだけ人の手をかけない醸造法、シンプルな醸造を心描けています。 『葡萄の味、テロワールの表現、そしてビュヴァビリテ(飲み心地の良さ)。それだけさ。』 また、必要な時以外は亜硫酸を添加しません。 葡萄とテロワールの味の表現を楽しんでほしいこと。これが無添加のワインを造り始めた大きな理由なのです。

<(2018) Sople e Joios Vin de France ソプレ・エ・ジョイヨス ヴァン・ド・フランス>
オクシタン語で“優しくて、陽気”の意味
   葡萄:ガメイ(自社葡萄70%、友人からの買い葡萄30%)
   樹齢:自社:40~45年  買い葡萄:平均35年
畑・土壌:自社:標高500メートル、南南東向き。三畳紀の砂岩の上に砂。 第四氷河期の氷河に由来するシスト、クオーツ、シレックスといった石が散見される。
買い葡萄:40年前から有機栽培、三畳紀の砂岩の上に砂。標高450メートル。
醸造・熟成:除梗せず全房のままタンクを密閉、ジュースがタンク底に溜まっていない状態から10日間マセラシオン・カルボニック後、発酵。 天然酵母。圧搾後、タンクで7か月間アルコール発酵、マロラクティック発酵。 冬を越し、4月後半、SO2添加せず愛情と共に瓶詰め。

リリース直後の8月にわずかに感じられた還元的要素は皆無。 果汁をたっぷり内包して熟した日本のサクランボ、農園のブルーベリー、スミレの花。 赤黒がランダムにたっぷり現れる果実味、密度は高いものの瑞々しく パノラマ風景を見渡すような大らかなスケールで伸びやかに広がっていきます。 余韻まで充実しており飲みごたえもありながら、余韻にも全く重たさを感じさせず 香りを伴う残像のような果実が舌の上で消えない。 二日目、少し引き締まり清涼感も出てきてこの表情もまたグッと来る。 (2019年11月)

 

ワイン名: マス ド レスカリダ ソプレ エ ジョイオス 2018
造り手: マス ド レスカリダ、ローラン・フェル
ヴィンテージ: 2018年
容量: 750ml
味わい: 赤ミディアムボディ
産地: フランス/ローヌ
品種: ガメイ(自社葡萄70%、友人からの買い葡萄30%)
特徴: 有機栽培 酸化防止剤無添加
輸入元: オルヴォー


下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ