ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

<消費税率変更に伴うお知らせ(送料・手数料の改定を含む)>
詳細はこちらのページをご覧くださいませ。


オジル グルマンディーズ 2018 750ml

希望小売価格: ¥3,630(税込)
価格: ¥3,115 (税込 ¥3,427)
[ポイント還元 69ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

twitter

人気が高まるアルデッシュのオジル兄弟の醸すワイン!どれも旨味たっぷりのナチュラルで柔らかな味わいです!グルマンディーズはピュアなミネラルを感じる薄旨系の味わい!二日目はより洗練された美しい味わいへと変化!

ワインの説明

<テイスティングコメント by me>

やや明るめの紫色。
赤い花、スミレ、ラズベリー、アセロラ、イチゴ、チェリー、ほのかにハーブ、スパイスなどのナチュラルで旨味を感じる豊かな香り。
口に含むとしっかりとした酸味と程よいタンニン、そして豊かな旨味を持った透明感のあるピュアでミネラリーな果実味が広がります。
ラズベリー、アセロラ、イチゴ、チェリーなどの活き活きとした果実味。 フレッシュで豊かな酸味と、やや控えめながらも若々しいタンニンが味わいに元気な躍動感を与えます。 クールなミネラルやほのかにハーブやスパイスのニュアンス。 ピュアで雑味のない味わいです。 余韻もピュア。

抜栓一日目はナチュラルさが強く感じられ、 二日目はよりピュアな美しく洗練された味わいに!!

(2020.2.2 抜栓二日目)

<インポーター資料より転載>

2013年にトマとジャン=ダニエルのオジル兄弟によってはじめられたドメーヌ オジルもこのアルデッシュの潮流の中で生まれた新しい自然派ワインの造り手です。彼の父親は、典型的なこの地域の栽培農家で、ブドウのみを栽培してそれを協同組合に売っていました。しかし近年は、協同組合の倒産や低価格な新世界ワインの台頭によるネゴシアンの販売不振などの影響もあり、栽培農家として生計を維持するのが年々厳しくなっています。そんな中、息子のトマ オジルは、近隣のジェローム ジュレやジル アゾーニの成功を見て、自分たちの代では自然派ワインを造るんだという意志を固めて行きます。トマはまずジェローム ジュレの下でワイン造りを学び、そして独立前にはジル アゾーニの下でも研修を重ねます。特にジル アゾーニの息子であり、現在は引退したジルの後を継いでワイン造りを手がけるアントワンヌ アゾーニとオジル兄弟は、同世代ということもあって親交が深く、切磋琢磨しながら先駆者達の経験と知識をしっかりと吸収して、初ヴィンテージからキラリと光る魅力の備えたワインを生み出しています。

< Gourmandise NV18 / グルマンディーズ>
産地:フランス コート デュ ローヌ地方
品種:グルナッシュ 50%、シラー 50%
樹齢はグルナッシュが30年、シラーが20~25年。10日間ほどのセミマセラシオン・カルボニックを行い、発酵が終わった後にアッサンブラージュ。2019年2月に瓶詰めを行いました。
いかにも薄旨ワイン!という様な薄い色調。野苺やフランボワーズを想わせるニュアンスとともに、瑞々しく活き活きとした果実感と野花のような可憐な雰囲気を纏わせます。例年みられる揮発酸は感じさせず、もぎたての果実を齧ったときのような軽快な酸で、ワイン全体に凛とした少女のような明るくキュートな印象を与えます。飲み口はそのフレッシュさも相まって、いわゆるスルスル系のヴァン ド ソワフ。例年にも増してあっと言う間に1本空いてしまう事間違いなしです。

 

ワイン名: オジル グルマンディーズ 2018
造り手: オジル、トマとジャン=ダニエルのオジル兄弟
ヴィンテージ: 2018年
容量: 750ml
味わい: 赤ミディアムボディ
産地: フランス/ローヌ
品種: グルナッシュ50%、シラー50%
特徴: 有機栽培 酸化防止剤無添加
輸入元: 野村ユニソン


クレジットカード決済が対象です

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ