1/20~1/30までお休みをいただきます。お客様にはご不便をお掛けして大変申し訳ありません。尚、この間発送はできませんが、ご注文はお休みの期間中も24時間承っております。)

ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

<消費税率変更に伴うお知らせ(送料・手数料の改定を含む)>
詳細はこちらのページをご覧くださいませ。


ギウアーニ ムツヴァネ クヴェヴリ 2018 750ml

希望小売価格: ¥2,750(税込)
価格: ¥2,360 (税込 ¥2,596)
[ポイント還元 52ポイント~]
数量:
在庫: 5本

twitter

クヴェヴリを用いた伝統的なワイン造りが無形文化遺産に指定されているジョージアのワイン!こちらはクヴェヴリで造られたワインの入門編的なワインともいえるワイン!今は抜栓後数日経った方がまろやかで美味しいです!

ワインの説明

<テイスティングコメント by me>

しっかりめの黄色。
りんご、杏、花梨、ハーブ、干し草、なめし皮、スパイスなどのドライで個性的な香り。
口に含むと軽いタンニンを持ったドライな果実のアタックの後に、ハーブ、干し草、なめし皮などのユニークな風味が顔を出します。
りんご、杏、花梨、黄桃などのドライな果実味。 酸味はバランスよく、軽くタンニンを感じます。 すぐにハーブ、干し草、スパイス、なめし皮のような動物的なニュアンスなどが現れ、 ユニークな味わいが生まれます。 余韻はドライ。

(2019.11.10 抜栓二日目)

<インポーター資料より転載>

ジョージアのおよそ7割のワインを生産するカヘティ地方で新たに素晴らしい生産者と出会いました。カヘティ地方Manavi(マナヴィ)村にあるGiuashvili(ギウアシュヴィリ)家が経営する「Giuaani(ギウアーニ)」は設立年が分からない程、大昔からワイン造りに携わってきた歴史を持つ家族によって守られてきたワイナリーです。 4代前(1894年生まれ)が誕生した頃には庭に5つのクヴェヴリが転がっていたそうです。1965年生まれの現オーナー Kakha Giuashvili(カハ・ギウアシュヴィリ)がワイン造りを始めた頃は、代々受け継がれてきた伝統をベースに新しいテクノロジーを取り入れようと動き出した流れの真っただ中でした。カハはそれらの歴史を汲み取り、毎日の連続した仕事によって生み出されるワインをビジネスとするため一念発起し、2010年にギウアーニを設立、住居のある敷地内に醸造施設を整えました。そして2014年にはギウアーニとして初めての収穫を迎えました。 現在は20haの畑と広い敷地内に整った醸造設備を完備、安定した経営基盤の下、ゆとりを持ったワイン造りを行っている印象です。醸造はThomas Kontopos(トーマス・コントポス)が担当しています。畑は出来るだけ自然な栽培方法で管理し、醸造段階ではプレス機を使用せず除梗・破砕したブドウを低温で醸し、それぞれのタンクやクヴェヴリで発酵熟成、酸化防止剤は控えめに添加という手法を取り入れています。また自家栽培ブドウ以外にも品質を見定めたブドウを手当します。カベルネソーヴィニョンはマナヴィ村から少し離れた畑で育ったブドウです。 オーナーが方向性を定め、トーマスを初めとする優秀な40歳代のスタッフ中心に伝統と革新が調和した技法で様々なタイプのジョージアンワインを造り続けています。安定した品質と抜群のコストパフォーマンス、奇抜さではなく、穏やかでエキスが詰まったギウアーニのワインを是非体験してください。

<Mtsvane Qvevri ムツヴァネ クヴェヴリ18>
カヘティ地方マナヴィ村にあるギウアーニは大昔からワイン造りに携わる家族が守るワイナリーで伝統と革新が調和した技法を取り入れます。9月に収穫し除梗・破砕後、クヴェヴリで醸し、発酵・熟成しました。オレンジ色の外観から紅茶やドライフルーツ、スパイシーな香りに控えめなタンニンと筋の通ったボディ、出汁のミネラルと酸に豊かな果実と旨味が心地の良い味わいです。

 

ワイン名: ギウアーニ ムツヴァネ クヴェヴリ 2018
造り手: ギウアーニ
ヴィンテージ: 2017年
容量: 750ml
味わい: 白辛口(マセラシオン有・オレンジワイン)
産地: ジョージア/カヘティ
品種: ムツヴァネ
特徴: 有機栽培
輸入元: ディオニー


クレジットカード決済が対象です

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ