ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

<消費税率変更に伴うお知らせ(送料・手数料の改定を含む)>
詳細はこちらのページをご覧くださいませ。


マルヌ ブランシュ アテナ ロケット 2017 750ml

希望小売価格: ¥3,080(税込)
価格: ¥2,595 (税込 ¥2,855)
[ポイント還元 57ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

twitter

ジュラの若き造り手 マルヌ ブランシュ!雹の被害で収量の80%を失ってしまった2017に友人のカリニャンをもらい醸造したワイン。素晴らしくエアリーな飲み心地の旨味系!ジュラの造り手によるカリニャンの新しい表情が楽しい!

ワインの説明

<テイスティングコメント by me>

微かに濁りのある明るい赤。ガスがあります。
ダークチェリー、チェリー、桃、ラズベリー、赤い花、出汁、梅カツオ、ほのかにスパイスなどの軽やかで旨味を感じる香り。
口に含むとガスを感じ、続いて素晴らしく軽やかでエアリー、かつ出汁系の旨味を感じるチャーミングな果実味が広がります。
ダークチェリー、チェリー、桃、ラズベリーなどの軽やかでドライな果実味。 酸味は口当たりよく、タンニンは控えめ。 口の中でもふんわりと花や果実の香りが広がり、 軽やかな味わいに華やいだ印象を与えます。 旨味もどこか軽やかで、果実味とよく溶け合っています。 余韻も素晴らしくすっきり。

ジュラの造り手の手にかかるとカリニャンもこんな表情をだすんですね! 美味しいだけでなく、そんな楽しさもあるワイン!

(2019.9.28 抜栓一日目)

<インポーター資料より転載>

フランス/ジュラ地方はナチュラルワインの先駆者とも言えるオヴェルノワ氏の関係で、ワイン造りに真面目に取り組んでいる生産者がいる半面、とても古典的な一面をもった地域でもあります。

ここに2008年より新しい生産者が誕生しました。1983年5月生まれのGéraud Fromont(ジェロー・フロモン)。 2001年にディジョンで醸造学を学び、オノロジストとしての資格を取得。そこで出会った奥様と結婚し、ワイナリーを立ち上げました。まだまだ若いカップルですが、ワインに対する情熱だけは人一倍です。リリース直後地元で人気が出て、85%が地元で消費されてしまう程、ワインは一気に人気者になりました。でも新しいお客様を開拓する為、やっと2012年に公のサロンに出展しましたが、選んだ地はフランスでなく、イタリアなのです。面白いデビューだなと思いながら、かえってフランス独特のナチュラルワインの世界でなく、自分のペースを保てるのかもしれません。そこで飲んだので余計はっと魅かれるものがあったのです。こういうワインはどこで飲んでも人の目を引きます。

Domaine de Bertrand Millet氏の醸造所と畑を購入し、畑の一部はそのミレ氏の畑、そしてお爺様から受け継いだ畑を含め、全部で10.6ha、その割合は50%シャルドネ、25%サヴァニャン、残りの25%は黒ブドウで、その中にピノノワール、トゥルソー、プールサールがあります。その中に87歳でリタイアしたお爺様が1950年に植えて下さったブドウがあります。そのお爺様の息子のお父様は農業を選ばず会計士となり、お兄様もパリで裁判官というエリート家族。でも二男の彼が農業を選び、お爺様も嬉しかった事でしょう。そのお爺様の情熱が、今の彼のワインを生み出したのです。

丁度我々は収穫日に訪問となりました。そしたら何と皆シルバーの方々でゆっくりゆっくり1ヶ月かけて収穫するのです。まだ若い彼らは収穫者に給料を支払う事は出来ず、ご両親のお友達が皆手伝ってくれての収穫という、とてもAt Homeな感じなのです。奥様も当然収穫するので、収穫者の方々のお食事はお母様が作って下さいます。収穫のスピードのペースは決して速くはありませんが、その分丁寧に丁寧に収穫します。なのでこういう真面目な味わいになるのかもしれません。印象はMade in JapanかGermanyのような感じです。こういう面も古き良きブルゴーニュらしく感じるのでしょう。と、言うよりもしかしたら本当のジュラを知らないのかもしれません。醸造面からみるとまだまだ個人的には改良したい面もありますが、この年で、ここまでのワインを造るのはお見事です。これからどんどん良くなるでしょう。どんどん伸びる醸造家です。

ワイナリーの名前は、畑の白い石灰質粘土土壌から思いつきました。名前の通り晴れの日は一面真っ白な土壌です。彼の将来に期待すると共に毎年の味わいの向上が楽しみです。是非お試しください。

<Athena Rocket アテナ ロケット17(ネゴス)>
の影響で収量を80%を失った2017年、ドローム県の友人よりビオのブドウを購入する機会に恵まれジュラで醸造したネゴスものです。樹齢50年のカリニャンを除梗せずに醸し後ステンレスタンクで発酵、600Lの木樽で熟成しました。やや粘性のある憂いのあるルビーの外観から小梅や青紫蘇の香り、微かなガス感にクリアな酸、瑞々しい旨味が伴うアフターへの流れが美しい逸品です。

 

ワイン名: マルヌ ブランシュ アテナ ロケット 2017
造り手: マルヌ ブランシュ、ジェロー・フロモン
ヴィンテージ: 2017年
容量: 750ml
味わい: 赤ミディアムボディ
産地: フランス/ジュラ
品種: カリニャン(ブドウはドローム県の友人から)
特徴: 有機栽培
輸入元: ディオニー


クレジットカード決済が対象です

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

ページトップへ