ワインの品質保持のため春~秋の配送にはクール便のご利用を強くお勧めしております。クール便をご利用されなかった場合の液漏れなどのクレームはお受けできません。何卒ご了承くださいませ。m(_ _)m

トビー ベインブリッジ ラ ドンスーズ 2015 750ml

希望小売価格: ¥3,348(税込)
価格: ¥2,812 (税込 ¥3,037)
[ポイント還元 61ポイント~]
数量:
在庫: 在庫切れ

twitter

可愛いカジュアルなラベルのイメージを良い意味で裏切られる本格派の辛口スパークリング!!より安定した味わいと発泡にするため2015から瓶内二次発酵を行っているため、豊かな洗練されたイーストのコクが感じられます!

ワインの説明

テイスティングコメント

淡いサーモンピンク。ペティアンとしてはしっかりとした発泡があります。
イチゴ、スモモ、チェリー、ブリオッシュ、イースト、赤い花などのフレッシュな香り。
口に含むとイーストの風味のしっかりある予想以上に力強い極辛口の味わいが広がります。
イチゴ、スモモ、チェリー、桃などのしっかりとした辛口の果実味。 酸味は力強く骨太。 果実味のアタックの後、豊かなイーストの風味と旨みが予想以上にしっかりと広がります。シャンパーニュを思わせる骨格を備えた本格派な味わいです。 余韻も長くピュア。

マリアージュ:海老のサラダ、小エビのフリット、カプレーゼ、トマトの冷製パスタ、タコのマリネ、生ハム、ナスの煮びたし

(試飲コメント:2017/7/9)

********************************

フランス人っぽくない名前のこの造り手、 実はロワール地方アンジュ地区でワイン造りを始めた「イギリス人」 なのです!

トビーは、18歳で高校を卒業してから、 友人たちとヨーロッパ中を巡る旅に出ました。 その旅行中にボジョレー地方でブドウの収穫に参加。 それが、あまりに素晴らしい体験だったため、 その後3年間に渡ってボジョレーに戻っては収穫に携わったそうです。

「いつかは農業をしたい」と強く思うようになりましたが、 当時は作物の中でもブドウは「不確定要素」が多く、 リスクが高そうに思えたと言います。 その後アメリカやカナダで様々な仕事を経験し、 アンジェの農業学校での交換留学プログラムをきっかけに フランスに来る事となりました。

そのプログラムの終了後、 偶然にもブリサック村のワイン生産者の元での仕事のオファーがあり、 迷いながらも絶好の機会とワイン造りに挑戦する事になりました。

その後、この地域の自然派ワイン生産者の兄貴分的存在であるルネ モスを始め、 様々な生産者の元での仕事をかけもちしながら、 2007年にはじめて自身のワイン造りを始め、 そして経験を重ね自信を深めた2012年に独立を果たし、 ワイン生産者への道をしっかりと歩みはじめました。

人当たりは柔らかく気のいい雰囲気のトビーですが、 繊細な面や少しぬけた所もあって憎めない奴というタイプの人柄。 ワインの味わいからもそんな彼の性格が ピュアに感じられ気楽に楽しめる軽快な飲み口と 気負わない果実の純粋さが楽しめます。

トビー ベインブリッジに理想のワインの姿を尋ねると、

「心も体も清浄な状態にしてくれるワイン」

という答えが返ってきます。

紆余曲折を経て辿り着いた安息の土地で、 大好きな自然と関わりながらの仕事に喜びを見出した彼の造るワインを 味わってみてください!!

以前は醗酵途中の果汁をボトリングして発泡性ワインにする ペティアン ナチュレルのスタイルでしたが、 この2015からはより軽快に、より安定したクリーンな味わいの ワインにするために発酵が完全に終了する手前で瓶詰めした後、 バイオダイナミックに取り組んでいる シャンパーニュの生産者から提供を受けた酵母を添加し、 瓶内二次発酵を行っています。 そして、デゴルジュマン(澱抜き)の作業の際に少量の 亜硫酸を添加します。

鮮やかで明るいロゼの色調のイメージのままの キレのよいクリーンな口当たり。 膨らみのある果実味は感じますが、 甘さはなく、しっかりとドライな飲み口に仕上がっています。

 

ワイン名: トビー ベインブリッジ ラ ドンスーズ 2015
造り手: トビー ベインブリッジ
ヴィンテージ: 2015年
容量: 750ml
味わい: ロゼスパークリング 辛口
産地: フランス/ロワール
品種: グロロー、カベルネ・フラン
特徴: 有機栽培
輸入元: 野村ユニソン

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ぐるなっしゅの日記(店長のブログです)

随時更新しています!是非覗いてみてください!!(*^^*)
店長日記はこちら >>

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日





ページトップへ